2015年4月21日火曜日

白菜の浅漬けを、世界に向けて紹介しました。


本日もTabiEatsへお越し頂きありがとうございます。

シンプルな白菜の漬け物でございます。

私どものチャンネルでは、海外に日本の食を紹介する動画も作っているわけですが、

一つのテーマに「生食」というものがありました。「Raw Food」と呼ばれるのをご存じ

でしょうか。加熱せずに食べるということな訳ですが、日本人は元々お刺身などを

食べる文化ですし、卵も生で食べますし、まあ日本のRaw Foodを世界に紹介するのは

実は簡単なんですよね。


↑皆様の応援が励みになります。
どうぞポチッとお願いします。


でも、問題は、視聴された方が自分で作れなければならないこと。お刺身に出来るような

新鮮で管理された魚が日常的に入手出来るとは限らず、卵だって生食すれば「病院へ

行け」と言われるくらいのところ、日本の生食文化をそのまま伝える事は案外難しいん

ですよね。


と言うことで加熱しないとい調理法ということで、漬け物を登場させた訳です。

漬け物自体は世界中にある文化な訳ですが、世界中で作り方も味も違いますよね。

西洋文化では発酵や酢などですっぱめが多いですし、中国の搾菜や韓国のキムチなど

代表的な漬け物だと思います。


日本でも様々な漬け物がありますよね。酢漬け、塩漬け、味噌漬け、粕漬け、ぬか漬け

醤油漬け、作り方も様々です。

古くは縄文時代から作られていたと言われており、これだけ様々な漬物の種類があるという

のも、世界に誇れるものではないかと思います。(元は大陸渡来のようですが)


とは言え、手の込んだ漬物を海外に紹介してもおよそ作れるわけはないので、

やはり塩漬け浅漬けが一番と思い、今回は白菜を紹介しています。


使う野菜にもよるでしょうが、漬物は野菜の2%~10%程度の塩を使うのが一般的な

ようでして、浅漬けなら2%で十分なようです。これ以上で白菜漬けを作ると、確かに塩っぱい。

市販のドレッシングは7%位含まれているものもありますから、ドレッシング漬けにすると

塩っぱすぎると言うことになりますね(しませんが)。


そして、海外の人、特に西洋圏の方々は酸っぱいのが好き、ということでレモンの絞り汁を

加えてみました。これ、結構合いますね。いつもは酢を使っていたのですが、さっぱり感が

高まります。


道具も、ジッパー付きのビニル袋が登場して、本当に楽になりましたね。しっかりと

空気を抜いておけば、白菜ぐらいであれば重しが無くとも十分漬かります。



紹介した動画をアップしておきます。下の画像をクリックしてみてくださいね。

皆さんは、どんな漬物を作られますか?これは珍しい、と思われる漬物があったら、

是非教えてください!



<材料>

・白菜 1/4株(約500g)

・塩  小さじ2(約10g)

・砂糖 小さじ2

・レモン絞り汁 大さじ2

<作り方>
・白菜はよく洗い、水気を拭き取っておく。

・白菜の芯を取り、一口サイズに切る

・ジッパー付きの袋に調味料と共に3回に分けて入れる。その都度
 よく振って、調味料を全体に行き渡らせる。

・全部の材料を入れたら手で揉む。

・中の空気を出し、袋を閉じて冷蔵庫へ半日程度入れる。

・食べる前に水気を絞って召し上がれ。




↓こちらも参加中です。
是非、応援よろしく
お願いします。ポチッと
クリックしてくださいm(_ _)m。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村


男の料理 ブログランキングへ

Facebook や twitter もありますので、是非是非お気軽にいいね・フォローしてください。

Facebook:https://www.facebook.com/aozoragift?ref=aymt_homepage_panel
Twitter:https://twitter.com/polluxst
Pinterest : http://www.pinterest.com/p0043/
Google+:https://plus.google.com/u/0/111210248630572665461/posts

Instagram




0 件のコメント:

コメントを投稿