2015年3月12日木曜日

懐かしい味 ミートボール甘酢かけ



本日もTabiEats-jpにお越し頂きましてありがとうございます。

少しでも皆さまの食欲を刺激することが出来ましたら幸いです(笑)。

↑皆様の応援が励みになります。
どうぞポチッとお願いします。

子供の頃食べた家庭料理は、いつしか自分の好みのベースになっていくものだと

思います。「おふくろの味」とか言われるものや、世界中で味の好みが違うのも、

きっとそういうことなんだろうなと、思います。


「おふくろの味」などと言うと、代表的なのは肉じゃがとかになるのかもしれませんね。

あと、味噌汁や玉子焼き。でも、今風にはどうなんだろう。ちょっとネットで検索して

みましたが、今でもこのトレンドは健在のようです。

女性の7割が母からその味を伝承してもらっているそうです。


まさに世代を超えて受け継がれていくんですねえ。和食の魂はこうして養われていく。

でも、少しずつ変わっていくのも事実のようで、カレーライスとかコロッケとかが

ランクインするんですね。食が多様化して、外食・中食も増えてきている今の時代、

今の子供達が、将来懐かしく思う食べ物、あるいは自分の味覚のベースとなるものは

どんなものなんだろうか。母親だけでなく、父親も料理をする機会が増えている昨今、

多様な味覚になっていくんでしょうね。


そしてまた、こんな肉団子なんかを懐かしく挙げる人も出てくるのではないかと思います。

僕の子供の頃は、よくレトルトで食べさせてもらいました(笑)。子供心に美味しくてねえ。

スーパーでよくねだったものです。食品メーカーさんは、さすがだと思いますよ。

この肉団子、「デパチカ」でもよく見受けますよね。レトルトを卒業した味覚としては、

次はやっぱりこっちに向かう。それを完璧に再現することはできないにしても、

子供の頃に覚えた味と、デパチカの味を頭の中でミックスして、作ってみました。

懐かしく、でも、肥えた味覚でも美味しくいただける、ミートボール甘酢かけです。


作り方はビデオでご紹介しています。したの画像をクリックしてみてくださいね。



<材料>(2~4人分)

挽肉(お好みで。ビデオでは牛豚合い挽き) 400g

タマネギ 小1個(みじん切りにします)

生姜   大さじ1(みじん切りにします)

卵    1個

パン粉  1/2カップ

塩    小さじ1/4

胡椒  適量

(甘酢タレ)

砂糖 大さじ3

醤油 1/4カップ

酢  1/4カップ

生姜 大さじ2(千切りにします)

水  1/4カップ

片栗粉 大さじ 1と1/2(同量の水に溶く)


<作り方>

・ボウルに、挽肉、タマネギ、生姜、卵、パン粉、塩・胡椒を入れて、粘りが出るまでよく揉み込みます

・ピンポン球程度弱のサイズに丸めます

・180度の油で揚げます。中まで熱が通ればできあがりです。フライパンなど油量が少ない場合、
片面3分程度揚げます。

・油を切ってください。
(タレ)

・鍋に醤油、砂糖、酢、生姜、水を入れて煮立つ直前まで加熱します。

・水溶き片栗粉を少しずつ入れ、加熱しながらへらなどでかき混ぜます。とろみが付けばできあがり。肉団子にかけてお召し上がりください。


いかがでしたでしょうか。


↓こちらも参加中です。
是非、応援よろしく
お願いします。ポチッと
クリックしてくださいm(_ _)m。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村


男の料理 ブログランキングへ

Facebook や twitter もありますので、是非是非お気軽にいいね・フォローしてください。

Facebook:https://www.facebook.com/aozoragift?ref=aymt_homepage_panel
Twitter:https://twitter.com/polluxst

Pinterest : http://www.pinterest.com/p0043/
Google+:https://plus.google.com/u/0/111210248630572665461/posts

Instagram




0 件のコメント:

コメントを投稿