2014年10月31日金曜日

【漬けふりかけ焼き!】ビンチョウマグロを美味しく頂きましょう。


「マグロ」。

良い響きですよねえ。食べたくなりますよね、名前だけで。

日本人を魅了するこの魚。生でこそ味わえる、脂と身の持つ味の絶妙なハーモニー。

自然が作り出した、味の最高傑作と言っても、過言では無いかもしれません。



でも、高い・・・。本マグロなんて、お祝いでもないと、なかなか買えません。(私は)

スーパーの売り場で、眺めて素通り、それが僕の日常。



でも、その隣には、比較的安価な「メバチ」があって、さらには、「ビンチョウ」があるでは

ないか!



メバチも美味しいですよね。うん、たまに買う。でも、その隣には、ビンチョウがまた

破格の値段で売っている。う~食べたい。味は随分違うけど、マグロだし・・・という

思いで、つい買ってしまうんです。



さて、見た目もピンクで、ビントロまでいかないこのお刺身。もちろんそのまま食べるのが

王道なんでしょうが、マグロと思ってたべるとちょっとがっかりすることも。



んじゃ、価格も手ごろだし、ちょっと一工夫と思ってトライしたのが本日のメニュー。

ハワイで人気の、「アヒフリカケカツ」を参考に作りました。



レシピブログに参加中♪
↑是非、応援のポチ一票をお願いします!


<材料>

ビンチョウ 1パック
 ※ビンチョウは、なるべく身の厚いもの(横の切り口が正方形に近いもの)を選びます。

(漬けダレ)

醤油、大さじ3

みりん 大さじ1

辛子(チューブOK)小さじ 1

ショウガ(チューブOK)小さじ1

ふりかけ(市販品をお好みで。私は鰹を使いました)

焼き用の油

(ディップ用ソース)

マヨネーズ・醤油・ねりがらし 適量


今、ネットスーパーが拡大中なんですよね。西友が近くにあると、係の人が売り場から
ピックアップして、自宅まで届けてくれます。お刺身まであるんですよ!これは便利。
休日を有効に使えます。
テレビでも取り上げられていて、売り場の中で一番良い物をピックしてくれてるそうです。


<作り方>(以下にビデオ画面が表示されない方は、こちらから





ビンチョウは、刺身のようなスライスでは無く、お一人様サイズにブロックにしておきます。

醤油、辛子、ショウガを合わせてタレを作り、ビニル袋にビンチョウを入れ、

漬けダレを入れて冷蔵庫で1~2時間(最低でも30分)ねかせます。



バットにふりかけを入れます。ビンチョウを袋から取り出し、パン粉を付ける要領で

全面にふりかけを付けます。これをフライパンで焼きます。やや多めの油を使います。

ビンチョウのブロック全ての面をフライパン面に付くように、上・下・前・後・横と向きを

変えながら焼きます。この時、なるべく短時間で焼くようにします。中はレア、外は

カツ、という状態で仕上げます。たっぷりの油で揚げてもよいです。短時間で取り出しましょう。

ブロックの大きさにもよりますが、1面20秒程度でよいと思います。


マヨネーズと醤油とねりがらしを合わせ、ソースを作ります。




いかがでしょうか。簡単ですので、是非作ってみてください。

美味しそう、と思われた方、以下のバナーをポチッとして頂きますと、至福の喜びです。


本ブログのニュースレターにも是非ご登録ください。

ブログの更新情報や、ブログに無い記事などもお届けして参ります。

是非、今すぐ、ご登録を。登録はこちらから。


また、Fecebookのtabieats-jpページも是非訪問頂き、「いいね」をしてください。

https://www.facebook.com/aozoragift

ツイッターもやってます。

https://twitter.com/polluxst

インスタグラムやってらっしゃる方、こちらです。

http://instagram.com/pollux_satoshi



にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ




0 件のコメント:

コメントを投稿