2014年10月17日金曜日

【ハロウィーンだ!】【2】ジャパニーズにしてみたよ・・!【煮物編】



秋から年末にかけてのアメリカは、ハロウィーン、サンクスギビング、クリスマスと

お母さん達がとっても忙しく、また腕をふるいたくなる行事が目白押し。

そしてハロウィーンは仮装だけでは無く、食べ物だって楽しむのです。



中心になるのは、カボチャなんでしょうが、デザートなども含め、ハロウィーン風に

仕立て上げるために皆様大変なご苦労をされているようです。



カボチャ以外に何か無いか・・・そう考えながら、でもアメリカ人のまねをするだけじゃ

つまらない・・・そう思い、和風にしてみようと思い立ちました。



しかし、和風ハロウィーンって、どうするの?



まずは小手調べ的に、「煮物」でチャレンジ。



お化けの形、カボチャの形の型を使って、ダイコンやニンジンをくりぬき、

それに海苔で目や口を付けて楽しんでみました。

シイタケは、目玉の部分を少しくりぬき、煮た後にマヨネーズで白目を描き

黒目は佃煮海苔で。

簡単ですよね。



同じアイデアで、ダイコンを骸骨の形に切ってみたり、海苔をコウモリ型に

してみてもおもしろいですね。


Youtubeで、作っているところを動画にしてあります。是非こちらも見てみてください。

(下に画面の出ない方は、この上の行のリンクをクリックしてください↑↑↑)






コツは、煮物に濃い色の調味料を使わないこと。

お醤油は少量でも色が濃くでますよね。ですので、白醤油や出汁を濃いめにし、

砂糖やみりん、塩で味を付けていくとよいと思います。



また、型抜きすると、野菜の端材が大量に出ます。捨ててはもったいないので、

スープやサラダ、あるいは一緒に煮て「増量剤」としてお使い頂きたいと思います。


次回は、洋風の茶碗蒸しです。



いかがでしたか。作ってみたいな~、美味しそうだな~、遊びもい~なと思って

頂けた方、ついでに下のランキングバナーをポチッとして頂けると助かります。


また、このブログのニュースレターへのご登録を是非よろしくお願いします。ブログ更新

情報やブログに書いていないレシピなども含めて配信する予定です。

今なら、ハワイの美味しいお店10店の情報をまとめたガイド(PDF)を無料でダウンロード

いただけます。今すぐご登録ください。ご登録はこちらから。


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



0 件のコメント:

コメントを投稿