2014年9月3日水曜日

ブラックサフィニア

色が地味ですよね。濃い紫色。ブラックサフィニアと言います。初夏に国立昭和記念公園で無料配布していました。
黒と言う色は難しい色です。先日、ネットニュースで世界一黒い物質という記事が載っていました。それは、黒すぎて人間の目には識別できないそうです。これでドレスを作ると、そこだけ底無しの暗黒の穴が開いたようにみえるそうな。存在を認識できない色、見えない色、黒で作る透明人間!
とまあ、黒への思いは不思議なものです。
黒くなくとも黒くとも黒と言うんですね。
太陽がくれた「光」をすべて飲み込む「黒」。光を飲み込むから「色」じゃない?でもそれは、光があるからこそ感じる「色」なんでしょうね。バルコニーのブラックサフィニア、そこだけシックに見えます。

0 件のコメント:

コメントを投稿